ピュリナワンは猫に危険って本当!?その実態とは?

ピュリナワンは栄養価が高く猫ちゃんの健康にも良いと非常に評判の良いキャットフードです。でも、調べてみるとピュリナワンは危険という声もあります。一体どういうことなのでしょうか?徹底的に調べてみました。
MENU

ピュリナワンは猫ちゃんに危険か安全か!

 

ピュリナワンをネットで検索をすると『ピュリナワン 危険』という言葉が度々出てきます。確かに猫ちゃんにとってピュリナワンが合う合わないというのはあると思いますが、ピュリナワン(猫用)そのものが猫ちゃんにとって危険というのはどういう事かを調べてみました。

 

これからピュリナワンに餌を変えたいと思っている方は、安全性も気になる所だと思いますので是非参考の材料にして下さい。

 

ピュリナワンが危険と呼ばれている理由とは一体何なのか?

 

 

危険と言われている要因としての一つとして『家禽ミール』が使用されているという声が多かったように感じました。これは、高級なプレミアムキャットフードには入っていない傾向が多いのですが比較的安価で購入できるキャットフードには恐らく100%に近い割合で使用されていると思います。

 

では、この家禽ミールが何故危険なのかという所ですが、キャットフードには4Dと呼ばれるあまり宜しくない成分が使用されている事があります。

 

4Dとはこんな成分だ!

 

Dead(死んだ動物の肉)

 

Dying(死にかけていた動物の肉)

 

Disabled(身体の一部に障害のある動物の肉)

 

Diseased(病気の動物の肉)

 

分かりやすく言ってしまうと、どの様な状態で死んだのか若しくはどんな動物であるのかが分からないけれどキャットフードとして使用してしまっている物という事です。

 

これが、激安キャットフードなんかで使用されている事が非常に多くその他にも大量の添加物を使用する事によって猫ちゃんが体調を崩してしまったりする原因にもなるんです。

 

では、肝心のピュリナワンですがピュリナワンに使用している家禽ミールには4Dと呼ばれる肉は使用されているのか?という所ですが自分も分からなかったので実際に販売元のネスレジャパン株式会社にメールで問い合わせてみました。

 

すると、この様な返事を頂きました。

 

《家禽ミールについて》

 

チキンやターキー由来で、主に内臓(肺や肝臓、腎臓、胃腸など)や骨を調理加工し、粉末状にしたものです。
羽根・毛・血液等は含まれておりません。家禽ミールは、栄養価が高く、家禽の軟骨由来の天然グルコサミンや、肉食動物には欠かせない栄養素を数多く含み、嗜好性にも優れております。

 

尚、弊社製品の原材料には、4Dと呼ばれます「Dead(死んだ動物の肉)・Dying(死にかけていた動物の肉)・Disabled(身体の一部に障害のある動物の肉)・Diseased(病気の動物の肉)は使用致しておりません。

 

また、肉類原材料につきましては、食肉工場にて人の食品用としての部位をのぞいたお肉や、内臓肉を使用致しております。

 

いずれも新鮮なものを衛生的に加工しており、口にされても害のある原材料ではございませんが、食用として流通させるための検査を受けていないものもございますため、弊社では人が食べることはお薦め致しておりません。

 

如何でしょうか?
ピュリナワンにはネットで検索をすると出てくる様な4Dは利用されていないみたいです!
基本的には元々食用品としての部位を除いた肉や内臓を使用していて、新鮮なものを加工しているという事なので安心できます。只、人が食べる為の検査を受けていないのでピュリナワンをアナタが食べるのはオススメできません。

 

でも、訳の分からない肉や重病の動物の肉が入っている様な粗悪な物では決してないという事です。

 

これなら安心して食べさせてあげる事が出来ますね。

ピュリナワンのトウモロコシは大丈夫なの?

 

ピュリナワンの原材料にはトウモロコシが使用されています。このトウモロコシと聞いてピンとした方もいらっしゃるかと思います。それは、ネットで検索をするとトウモロコシの様な穀物類は猫にとってアレルギーがあるという事です。猫にとって穀物は消化しにくい為、それが原因でアレルギーを引き起こしてしまうという事です。

 

 

じゃあ、トウモロコシは猫にとって危険なの?

 

結論から申し上げますと猫はトウモロコシを食べても大丈夫です!と言っても食べ過ぎると食物繊維が作用して下痢になってしまう事があるので、与えすぎたりは駄目です。後は、コーンの薄皮が消化の妨げになるので生で上げるのも止めた方が良いでしょう。食べさせてあげる時は、しっかりと茹でて潰してあげる方が良いです。

 

基本的に猫というのは『肉食動物』です。ですので、肉などの動物性たんぱく質を断った食生活では生きていけません。これが、猫の穀類はアレルギーの元になるといわれている所以の一つでもあります。では、ピュリナワンが猫ちゃんにとって危険と言うと、実はそういう訳ではありません。

 

勿論、製造元がしっかりと管理して使用されているという事でもあるのですが猫は肉食動物であっても雑食傾向のある動物です。これは動物性の食材を完全に取り除くと栄養失調になるのは当然ではあります。しかし、肉以外の物を食べると具合が悪くなるという事でもありません。

 

トウモロコシには食物繊維が豊富に含まれているのでキャットフードでしっかりと管理している程度であれば、問題無く与えても良いかと思います。食物繊維自体を猫は消化する事はできませんが、腸内細菌の餌になってくれて便のかさが増したり水分含有量が多くなって便秘の改善に一役買ってくれたりもします。

 

猫類は穀物類が無くても十分生きる事が出来るのです。勿論、人や犬と同じ様に脳が糖質を利用するので血糖値を維持する事は重要であります。只、猫はタンパク質をグルコースに変える事が得意なので糖質を摂取しなくても大丈夫なんです。

 

この情報が伝わって、いつの間にか猫に穀類を食べさせると病気やアレルギーの原因になると変わっていったという一説もあるみたいですね。最近では高級なプレミアムキャットフードにはグレインフリー(穀物類不使用)という製品もありますので、どうしても心配な方はグレインフリーを選ぶのも良いかと思います。でも、個人的な意見としてはトウモロコシが入っていても完全に悪いという訳でもないみたいなのでピュリナワンは安全面から見てもオススメ出来ると思っています。

 

それでも、心配な場合は掛かりつけのお医者さんに相談をされても良いかもしれないですね。

 

姉妹サイト

このページの先頭へ